シミ対策には、肌を露出しないこと

若い頃は、シミというものは、それほど意識がないと思いますが、30代40代になってくると、知らない間に出来ているシミに、愕然としてしまう事があると思います。

シミ対策として、大切にしたいと思うのが、日焼けをしない事です。

お子さんを持っている方だと、夏場は、一緒にプールや海に行くという方も多いと思います。

日焼けは、なんといってもシミになりやすい原因の一つです。なんとかして食い止めたいものです。

日焼け止めを塗るということが、簡単な方法ですが、小さい子がいると、目を離す事が出来ず、なかなか日焼け止めを塗れないということも起きると思います。

そこで、日焼けによるシミ予防対策として私が取り入れているのは、とにかく、肌を露出しないということです。

どんなスキンケアアイテムを使うよりも、効果があります。

水着の上に、ラッシュガードを着る人が、たいぶ増えてきていますが、最近では、水着の下にはく、トレンカを履く女性もちらほら見かけるようになりました。また、防水機能のついた帽子を利用する人も多いです。

私も、利用しているのですが、ラッシュガードとトレンカ、防水機能のついた帽子を身につけていれば、日焼けをする心配が軽減されるので、シミ対策には効果があります。

購入をする際には、UV効果が高いものを選んだほうが良いでしょう。

もともとは、サーフィンをする人達用の為のものだったようですが、最近では、サーフィンをやらない人達にも普及してきていますね。長時間、外にいるような時には、シミ対策予防として利用してみてください。おすすめです。
[PR]

by jumpinupan | 2013-11-02 23:34

化粧品の切り替えタイミング

化粧品はきちんとテスターで試したり雑誌やネットで評判をチェックしてから購入するので、ほぼ失敗がありません。だから、ほとんどの化粧品は使い切ってから新しいものを買うようなサイクルが成立しています。

 ただ、稀に化粧品を試用途中で切り替えてしまう時があります。それは、使っている時になんとなく気分が上がらなかったり、始めは気にならなかったのに途中でテクスチャーというか使い心地が気持ちよくないと感じるようになった時です。化粧品は高いものなので、多少は無視して使い続けても良いのですが、顔に付けるものだからこそ、自分の気持ちを大事にしてちょっとでも嫌な気持ちや不快な気持ちが芽生えたら、化粧品を切り替えるようにしています。

 化粧品は、成分などのスペックで美が決まると思いますが、それ以上に使っている時の気分の高揚が美を決定するような気がしています。だからこそ、途中でちょっとでも疑問が芽生えたり不快な気持ちが芽生えたりしたら、そのきっかけをきちんと捉えて、化粧品を切り替えてみることをおすすめします。そうすることで、肌トラブルも防止できるし、化粧品の美容効果を最大限に高めることが出来ると思います。化粧品の切り替えタイミングをきちんと察してあげることが大切です。
[PR]

by jumpinupan | 2013-11-01 09:27