テカリの夏からドライの秋へ、季節の変わり目の肌荒れの乗り越え方

いつの頃からかテカリが気になるようになってきた。
化粧水はたっぷり使っていたのでどうしてだろうと不思議に思っていたが、実際はその後の保湿の方がもっと大事なんだと気づいた。

夏は暑いので乳液やクリームはほとんど使ってこなかった。その代わり化粧水をたっぷり含ませたコットンでパッティング。クールになった肌にクリームを塗るなんてベタベタして気持ち悪いとさえ思っていた。

しかし!
化粧水で十分に水分を含んだ肌は、クリームなり乳液で上からカバーしないとせっかくの水分が逃げてしまうのだと分かった。それ以来ベタベタするのは気持ち悪いが必ずクリームを塗るようにしたところ、翌朝の肌質が確実に変わってきた。
化粧水だけだった時は、朝になると鼻の頭がテカっていたのだが、クリームで保護し始めてからはテカリもべたつきも減ってきた気がする。

秋冬にもきちんと化粧水で水分を与えクリームで保護という順序を守ってきたが、それでも少し口の周りだけが乾燥していたりするので気になっていた。

そこで今度は化粧水を夏のさっぱりタイプから秋冬のしっとりタイプに変えてみたところ、驚くほど効果があった。自分にはさっぱりタイプが合っていると思ったが、実際はしっとりタイプの方が肌に合っていたことを実感。

それ以来、夏にはたっぷりとさっぱりタイプの化粧水、冬にはしっとりタイプをたっぷりと、と言う風に化粧水だけ変えている。


日焼け後の乾いたお肌に潤い補給していますか?下記に日焼け後に必須の化粧品をご紹介!
詳細はコチラ⇒日焼け後シミ美白化粧品

[PR]

by jumpinupan | 2013-09-20 00:04